一般社団法人 介護経営研究会(C-SR)所属 東京都の社会保険労務士(社労士)介護事業支援 介護労務サポートセンター

運営:SNE社労士事務所

メインイメージ
画像
夜間・休日も事前連絡を頂ければ対応可能です。1時間程かけしっかりとお話をお伺いさせていただきます。
画像
本屋さんでは手に入らない!
‐介護・福祉施設のルールブック 小冊子を無料進呈します‐
画像
無料相談、介護・福祉施設のルールブック小冊子プレゼントなど各種お問い合わせはこちらより承ります。

介護労働環境向上奨励金

介護労働環境向上奨励金は、介護労働者の身体的負担を軽減するため、事業主が新たに介護福祉機器を導入し、適切な運用を行うことにより、労働環境の改善が見られた場合に、介護福祉機器の導入などに要した1/2(上限300万)が支給されるものです。

 

<ポイント>

1.奨励金の名称が「介護労働者設備導入奨励金」から「介護労働環境向上奨励金」に変更されました。

2.新たに「雇用管理改善に資する制度の導入」が助成対象になりました。

3.支給対象となる介護福祉機器から「ベッド」は除外されました。

 

【支給内容】

介護労働者の評価・処遇制度の導入・改善、教育訓練計画の整備・改善などに要した費用の1/2(※)が支給されます。
※導入する制度の内容に応じて20万円~40万円、総額で100万円を上限(介護福祉機器導入の支給上限額300万円とは別枠となります)とされます。
※制度の導入についての助成を受けた事業主のうち、新規サービスを開始した事業主が一定の要件を満たした場合は、支給額に10万円が加算されます。

 

【支給要件】

1.計画(6ヵ月~1年間)に基づき、雇用管理改善に資する制度の導入・適用を行う事業主であること

2.計画期間の終了後の事業所職員の定着率が80%以上であること

3.介護労働者雇用管理責任者を選任していること ほか

支給対象となる機器は「介護労働者の身体的負担軽減に効果があるが、事業運営上必須とは言えず、促進策がなければ投資されにくいもの」といった観点から選定されたものです。平成23年度までは以下の9種類でしたが、平成24年度からは、ベッドを除外した8種類になりました(詳細は、都道府県労働局へ)

支給対象となる介護福祉機器

① 移動式リフト
※ 立位補助機(スタンディングマシーン)を含む
※ 移動用リフトと同時に購入したスリングシートを含む
② 自動車用車いすリフト
※ 福祉車両の場合は、本体を除いたリフト部分のみ
③ 座面昇降機能付き車いす
④ 特殊浴槽
※ リフトと共に華道するもの、側面が開閉可能なもの。同時に購入した入浴用単価や入浴用車いすを含む
⑤ ストレッチャー
⑥ シャワーキャリー
⑦ 昇降装置
⑧ 車いす体重計
電話番号&fax042-472-1239